01.04
Wednesday
2017

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


01.08
Tuesday
2008




先日正太郎誕生のお祝いに鶴屋吉信の「福ハ内」というおめでたい名前がついたお菓子を頂きました。
桝の形を表わした杉の容器に入りお多福豆を形どった「福ハ内」は立春を祝い また桝々繁昌の縁起が喜ばれて 京都の新年菓、節分菓として人気です。
弊社の酒造りは手造りで仕込んでいる為 時々疲れも溜まりますが そんな時は熱いお茶と甘いものが癒してくれます♪
美味しいお菓子 ありがとうございました。

正太郎はまだ食べれないので 私が責任を持って頂いちゃいます(笑)


01.04
Wednesday
2017

スポンサーサイト

  • 23:58
  • -
  • スポンサードリンク
  • -


Comments

初めまして!突然申し訳ございません。生粋の京都人ですが、何故か長野で働いています(まだ家は京都ですが・・・)かつて東山の料亭の料理長をしている友人より「蒼空」様のお名前は存じていました。京都でもこだわりを持たれてるお料理屋さんでも見たことがあります。今回も目にするお料理屋さんがありました。でも私、今まで京都のお酒は祝米や山田錦ばかりと思っていましたが、美山を使われてるのを知り、是非近いうちいただきたいと思いました。そしてこのブログを拝見し、京都にもこんなに地道に始められてるお蔵様があるんだって再認識しちゃいました。タンクや暖気樽の新しいのも見たこと無いです。凄いですね〜、ぜひ機会がございましたら見学させていただきたいです。これからが大変な時期だと思いますが、生き物相手のお仕事ですから頑張って下さいませ。

  • nonko@2008/01/09 10:24 AM

nonkoさん
コメントありがとうございます♪
今から4年前になりますが台風が兵庫県に多大な被害をもたらし 弊社もそれまで全てのお酒の仕込みに使用していた山田錦が希望数量をもらえませんでした。その時から長野県産の美山錦とのお付き合いが始まりました。私にとって美山錦は前々から気になっているお米ではあったのですが 実際弊社で出来たお酒を利いてみると非常に綺麗な酒質で 市場でも大変ご好評を頂きました。今では純米酒は全量美山錦で仕込んでおります。

何分小さな蔵ですので見学は日時をすり合わさせて頂くなど不便をおかけしますが 近くにお寄りになる御予定がありましたら気軽に問い合わせください。

  • 蔵元@2008/01/10 1:30 AM

突然ですが今日お邪魔しちゃいました。今はお忙しい時期とわかっていながら、美山のお酒が絶対に飲みたくて足が向いてしまいました。いい雰囲気ですね〜。スタッフの女性の方も接客上手ですね!京都に生まれ育ちながら、なぜか今の仕事です。造り手様のご苦労がわかるようになった事は、今の環境だと思っています。自分の生まれ故郷のお酒はどこで仕事していても気になるものです。京都で美山のお酒なんて、夢にも思ってませんでした。貴重なお酒をありがとうございました。

  • nonko@2008/01/10 7:28 PM

nonkoさん
わざわざ蔵まで足を運んで頂きありがとうございました。
もしかして私ちょっと厳しい顔をしていませんでしたか? この日は真冬と思えないほど暖かく蒸したお米が冷えなくて・・・ゴメンナサイね。
実は学生の頃 戸隠で住み込みでスキーをずっとしていたんです♪ 小布施にも友達が住んでいたりして なにかと長野にはご縁があるようです♪

  • 蔵元@2008/01/12 12:03 AM









Trackbacks