01.04
Wednesday
2017

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


09.04
Thursday
2008



蒼空の復活当時から応援して頂いている 武蔵小杉の「串焼 文福」さんの橋本店長さんがこの度退社されると聞きつけ 先日急遽お店にお伺いしてきました。

やっぱり文福さんの串は旨かった〜

文福さんだけにお出ししている蒼空おり酒とも相性バッチリでした♪




実はこのお酒 手書きのオリジナルラベルなんです(笑)


07.05
Saturday
2008


パンが好きなのですが 近くになかなか好みのお店がなく困っていたのですが・・・ 
ありました!!それも意外と近くに♪ 

Boulangerie Blon(ブーランジェリ ブロン)さんは京都教育大学の目の前にあります。
ブロンさんのフランスパン・食パンにはなんと地下100Mから汲み上げた
伏見の名水を使われているのだとか 意外な共通点でビックリです♪
御主人曰く食パン(伏水食パンという名前!)が一押しだとか 私も早速頂いてみたのですが生地がとても柔かくそれでいて口に入れるとモチモチでほんのり甘いとても美味しいパンでした!
伏見にこんな美味しいパン屋さんがあったとは・・・不覚(笑)


*伏水食パンは写真を撮る間もなく食べちゃいました。。。

Boulangerie Blon http://www.blon.jp/
〒612-0046 京都市伏見区深草大亀谷八島町8-24ベルメゾン1F
TEL / FAX:075-645-0066
定休日:日曜日、第1・第3月曜日


06.30
Monday
2008


先日ハイアットリージェンシー京都の和食店 Touzan(東山)さんでお酒の会を開いて頂きました。最高の空間とサービスの中で季節感豊かな美味しいお料理と合わせて4種類の蒼空をお出ししたのですが それぞれのお酒の個性が引き立ち とても楽しいそして贅沢な時間となりました。


Touzan 東山
京都市東山区三十三間堂廻り644番地2
HYATT REGENCY KYOTO ガーデンフロア(B1)
L 11:30-14:30
D 17:30-22:00
P 075-541-3201
W www.touzan.jp


05.14
Wednesday
2008



先日 天ぷらの名店「一宝・天寅 心斎橋そごう店」さんで「蒼空」の会を開いて頂きました。会のタイトルが「第四回 美男美女の集い」との事で私だけがそぐわない感じでしたが・・・(泣)

お持ちしたのは「純米無濾過生原酒のおり酒」「純米無濾過生原酒」「純米吟醸生酒・山田穂」「純米大吟醸酒」の4種類のお酒と「酒蔵Barえん」でもお出ししている酒粕アイスクリーム♪ 会も終わりに近づいた時に どのお酒がお好みだったかお伺いすると見事に票が割れたのには驚きましたが 旬の素材を揚げた美味しい天ぷらと合わせると杯が進むようでどんどんお酒が空いていきました♪

お店の方に カボチャは揚げたてより少し冷めたほうが甘みが増すと聞き早速試してみたのですが とても甘くねっとりした食感と相まって大変美味しかったです♪

一宝・天寅 心斎橋そごう店 HP
大阪市中央区心斎橋筋1−8−3そごう心斎橋本店13F
06−6244-6127
平日 11am〜3pm 5pm〜10pm
土日祝、年末年始、お盆などは11am〜10pm
不定休/そごう心斎橋本店の休業日に準じます。


04.11
Friday
2008



「蒼空」が大変お世話になっている東京は下北沢の和食のお店「なかむら」さんが来年中目黒へ移転するにあたり 今月の20日をもって15年続けられた下北沢での営業を閉じられると聞きつけ 飛び切り美味しいお料理とついつい長居してしまう居心地の良い空間を最後に味わねばと他の6軒の酒蔵と我々若手蔵元の良き相談者である東京の某有名酒屋さんで番頭をされている印丸さん御夫妻の総勢9名でお邪魔してきました♪
最初のうちは それぞれが持ち寄ったお酒を利き比べたりして真面目な会話もしていたのですが いつの間にやら大宴会状態に・・・さぞかしうるさかったのでは???(反省)
店長の川並さんをはじめスタッフの皆様 長い間お疲れ様でした 来年パワーアップされた新生「なかむら」にお伺いする事を楽しみにしています♪


09.01
Saturday
2007

京都発のとんかつの名店 「かつくら」さんをご存知ですか?
蔵から歩いてすぐの商店街にもお店があるので 今晩ごはんを食べに行ったのですが なななんとメニューに「蒼空」が載っているではないですか!!! 思わず興奮して声が出そうになりました(笑) 
注文したのは特選ロースかつ膳もちろん「蒼空」も!! 
柔らかくジューシーなお肉がさくさくの衣をまとっています。
美味しかったですよ〜! 
どうやら京都のお店には「蒼空」がほとんど入っているようです。
トンカツに日本酒もいいもんです♪


名代とんかつ かつくら 
http://www.fukunaga-tf.com/katsukura/index.html

かつくら伏見桃山店  地図
京都市伏見区新町4丁目451-1マスジビル2F
電話 075-604-1241
営業時間 11:00〜21:30(ラストオーダー21:00)
定休日なし



06.30
Saturday
2007



個人的にもほっこり出来るお店 20℃さんをご紹介します。
20℃は店主の梅田さんが一番心地よく感じる温度らしいのですが お客さんにとっても 一番心地よい場所になりたいという思いからこの店名を名付けられたそうです。
お店のスタイルは 今時のおばんざい屋さんと言えばいいのでしょうか ジャンルに囚われないお料理がメニューいっぱいに並んでいます。先日お店に伺った時は 「小鮎の天ぷら」や「アボガドのグラタン」など頂いたのですが どの料理もとても美味しく今風に言うと「すべらない料理」ばかりです(笑)
若いお姉さん二人だけで切り盛りしている カウンターだけのこじんまりしたお店ですが 
お料理、器、店作りなど全てにおいてセンスの良い「すべらないお店」です♪

20℃ 地図
住所 京都市中京区二条通麩屋町西入ル晴明町677番地
電話 075-255-1066
営業時間 17:30〜23;30  23/LO
定休日 水曜日


05.13
Sunday
2007



昨日お呼ばれして銀閣寺近くにある
「草喰なかひがし」さんにご飯を食べに行ってきました。

今京都で1.2を争う予約が取れないお店なんですが ある方から 「今晩なかひがしを借り切ったんだけど 一人来れない人が出て 藤岡君良ければ一緒にどう?」と朝電話が。。。 
あまりにラッキー過ぎてドッキリかと・・・は思いませんでしたがちょっと舞い上がってしまいました。 しかも「お酒持ち込みだから 1本持ってきてね」とのお言葉も♪

お料理は今更私がコメントする必要も無くどれもが美味しかったのですが 昨晩は特に熟れ鮨と白味噌のお椀が強く印象に残りました。

ちなみにお言葉に甘えて「蒼空」の純米大吟醸を持ち込んだのですが お料理のおかげかいつもより美味しく感じてしまいました。
ありがたやありがたや(笑)


04.25
Wednesday
2007

日曜日に「こなから」の荒木君が蔵まで遊びに来てくれました。
「こなから」の意味をご存知ですか? 以下こなからさんのショップカードより引用。

「こなから」とは「小半ら(二合半)」と書き、半分の半分つまり四分の一を意味し、二合半やわずかなお酒と解釈します。
また、お酒の商売用語で「一斗二升五合」・・・「ごしょうばいますますはんじょう」 五升の倍が「一斗」、升(ます)升(ます)で「二升」、一升の半分は半升でつまり「五合」と約します。
「春夏冬二升五合」・・・「あきないますますはんじょう」などがあります。
それらのことを踏まえ、
「こなから」を「一斗」の四分の一、つまり「二升五合」と解釈し、
「ますますごはんじょう」の意味がこめられています。
また、小半ら(二合半)酒とは一日に摂取する日本酒のもっとも良い量だとも言われています。

日本酒にこだわったお店です!日本酒のディープな世界を覗いて下さいね。

そうそう今回荒木君から大阪プロレスのチケットを購入しました! プロレス初観戦です しかも前から5番目の席とな♪

「旨酒旬菜こなから」  地図
京都市中京区新町室町の間錦小路下ル観音堂町454-4
075-777-3807
日・祝定休 18時〜24時(LO:23時)


03.27
Tuesday
2007

今回は静岡市の「和み料理と酒菜 うず」さんの紹介です。
以前うずさんで「蒼空」を飲んだというお客様が「酒蔵Barえん」に来られ お店を知りました。私もお店にお邪魔したことがあるのですが 店主の吉村さんの思いが凝縮したお店で お店のデザイン 接客 お料理 お酒の品揃え すべてに熱い思いとこだわりが感じられました。お料理はどれも美味しかったのですが 
特に私のお奨めはお野菜を使った料理です!とにかくどのお野菜も味がしっかりしているんです!ぜひ静岡で飲まれるときは「うず」さんへ お奨めです♪

「和み料理と酒菜 うず」 HP  地図
静岡市葵区音羽町3-18
054-249-6262
月曜&第一火曜日定休 17時〜23時(LO22時30分)